PR

ライフ ライフ

【書評】『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』 現代を生きる上でヒントに

コリン・ジョイス著『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)
Messenger

 パリを拠点に囲碁の普及をしていた時期に、2012年から英国のオックスフォード大学の囲碁部とオックスフォード市民の囲碁サークルに教える縁ができた。娘もこの大学に在学することになり、近年、度々、現地を訪れている(5月には娘の卒業式で再び訪ねる予定)。この本の題名を見て飛びついたのは、そんな個人的な理由もあった。

 現代の世界は英語圏中心のため、大学の世界ランキングで英米が常に上位なのは当然のことだ。ただ、オックスフォード大はその中でもさらに特別な存在になっている。2016年と17年の2年連続で1位に選ばれたのだ。

 最近のオックスフォードの街は歴史的な建物に加え、映画「ハリー・ポッター」シリーズのロケ地としても有名なことから、観光客が押し寄せている。この環境の中、各国から集まった学生たちが、今も変わらず寮生活を営みながら厳しい学業に励んでいる。

 英国生まれで卒業生の著者も、そんな学生生活を送った一人。本書を読み進めると、「オックスブリッジ」(オックスフォード大とケンブリッジ大の併称)の特徴が浮き彫りにされていく。

 優れた学生を選抜するための入試方法、大学を構成する「カレッジ」のシステム、一流の学者による「チュートリアル」(個別指導)、試験結果で変わる待遇など。どの点をとっても独創的だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ