PR

ライフ ライフ

【手帖】『ベラスケスのキリスト』が刊行

『ベラスケスのキリスト』(執行草舟監訳、安倍三崎訳、2700円+税)
Messenger

 今年は日本とスペインの外交関係が樹立されて150周年。さらに、スペイン最古の大学であるサラマンカ大学創立800周年にあたる。これを記念してさまざまな文化事業が繰り広げられている。目玉は東京・上野公園の国立西洋美術館で開催中の「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」だろう(5月27日まで。次いで神戸市の兵庫県立美術館で6月13日から10月14日まで開催)。

 サラマンカ大学の総長を務めた思想家・詩人、ミゲール・デ・ウナムーノ(1864~1936年)の哲学を読み解いた佐々木孝さんの『情熱の哲学 ウナムーノと「生」の闘い』を今年復刊した法政大学出版局は、新たにウナムーノの長編詩『ベラスケスのキリスト』(執行草舟監訳、安倍三崎訳、2700円+税)を刊行した。

 スペイン黄金時代を代表する画家、ディエゴ・ベラスケス(1599~1660年)の「十字架上のキリスト」に感応したウナムーノが言葉を紡いだこの長編詩は、ヨーロッパの古典的教養抜きにとても理解しうる作品ではないため、誰も完訳をこころみることがなかった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ