PR

ライフ ライフ

【第30期女流名人戦】準決勝第2局(下)好調な矢代が決勝進出

第30期女流名人戦準決勝、奥田あや三段(左)ー矢代久美子六段
Messenger

 黒 三 段 奥田 あや

 白 六 段 矢代久美子

 236手完、白中押し勝ち

 【101~236】持ち時間各3時間

 先番(黒)6目半コミ出し

                   ◇

 NHK大河ドラマでは、囲碁のシーンが時々見られる。前作「おんな城主直虎」では特に多く、囲碁のドラマかと思うほど。指導に当たった棋士4人のひとり、奥田あや三段(29)は「俳優さんが慣れない囲碁シーンで、打つ場所が方々へ散ってしまうと大変なので、なるべく手順が覚えやすくなるよう心掛けました」と専門週刊紙に述べている。

 放映中の「西郷どん」でも、西郷隆盛の盟友だった大久保利通は、囲碁が大好きで強かったと伝えられている。いずれ大久保の囲碁シーンが見られそうだ。

 さて中盤戦に入った矢代久美子六段(41)対奥田三段戦。対戦成績は奥田の6勝1敗と偏っているのが、矢代にとっては気がかりか。

 白2は手堅い。矢代六段はこれで形勢は悪くないと判断したが、解説の楊嘉源九段は「白2では左辺白31が非常に大きい。次いで黒30、白26、黒100、白Aが予想され、白は地合で優勢です」と断言した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ