PR

ライフ ライフ

新生児取り違え 当事者男性「自分は誰」「実親に会いたい」 拒む順天堂医院

母子手帳を手に取材に応じる男性。「実の親に会いたい」と訴えている
Messenger

 「自分は誰で、親はどんな人なのか。ただ、それを知りたい」。順天堂大順天堂医院(東京)で51年前に赤ちゃんの取り違えが起きたとされる問題で、当事者の男性=東京都=が心境を語った。医院は取り違えた相手方の情報提供を拒否しており、男性は「今となっては取り戻せない人生を歩んできた。せめて実の親に会いたい」と訴えている。

 子供の頃、近所の人や友人から「親に似ていない」と言われては傷つき、どこか似ているところがないかを必死で探したという。家族の中で男性だけ血液型が違い、母の浮気を疑った父は家を出ていき、結局離婚することに。その後、母は再婚したが、家計の苦しさから継父に「高校の費用は出せない」と言われて進学を諦めた。

 取り違えの可能性を知ったのは平成27年11月。母に「血がつながってないかもしれない」と言われ、驚きよりも「やっぱり」と強く感じた。疑問を感じていた母が何度も医院に問い合わせたが、門前払いにされた結果、「自分の子として育てよう」と決意したことも初めて告げられた。

 すぐにDNA型鑑定を受け、翌月には親子関係の確率は「0%」との結果が出た。「さすがに愕然(がくぜん)として、言葉がなくなりました」

 翌28年には医院に出向き、事実関係の確認と実の親の情報を求めた。医院側は取り違えた可能性があることを認めたが、相手先の家族については、現在の平穏な生活を考慮し伝えないことにしたとして、情報を出さなかった。

 「相手の家族の幸せを壊したいわけじゃない。ただ、写真だけでも見たい。亡くなっているならお墓参りだけでもしたいのに…」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ