PR

ライフ ライフ

【加計学園問題】「柳瀬唯夫氏面会」メール公表 文科省、内閣府から送信

Messenger

 また、梶山弘志地方創生担当相は20日、内閣府が同府内でメールの存否を調査した結果、「確認されなかった」と明らかにした。ただ、メールを発信したとみられる当時の担当職員は「記憶は残っていないが、写しがある以上、自分が作成・送信したと思う」と話しているという。藤原氏は「他の自治体と比べて特別な対応ではなかった」とし、柳瀬氏との面会への同席や調整は否定した。

 一方、野党6党の合同会合が同日開かれ、内閣府と文科省が加計学園、県、市の職員らが首相官邸を訪問した際の記録について報告。希望の党の今井雅人氏が「面会の約束は柳瀬氏と学園の間でやり、県と市は随行しただけでは」と問うと、内閣府の笹川武大臣官房総務課長は「そうかもしれない」と答えた。同党の山井和則氏が「面会時点で安倍晋三首相が学園の獣医学部新設計画を知っていた決定的な証拠だ」と指摘すると、笹川氏は「そういう見方が強まるのかなと思う」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ