PR

ライフ ライフ

飯舘村の復興拠点を認定 政府、福島県内5例目

Messenger

 政府は20日、東京電力福島第1原発事故により立ち入りが制限されている福島県飯舘村の帰還困難区域で、村が申請していた「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)の整備計画を認定した。認定は同県内の双葉、大熊、浪江、富岡の4町に続き5例目。国費で除染やインフラ整備を進め、35年春までの避難指示解除を目指す。

 復興拠点の面積は約186ヘクタールで、村の帰還困難区域の17%に当たる。村営住宅や交流施設などの建設予定エリアを優先的に除染し、整備を終えた場所から順次、避難指示を解除する方針。営農再開に向けては、除染で生じた土壌で、放射性物質の濃度が一定値以下のものを利用し、農地を造成する。

 福島県内の帰還困難区域は、復興拠点計画が認定された4町や飯舘村を含め7市町村にまたがる。残る2市村のうち、葛尾村は計画を申請済みで、5月上旬にも政府が認定する見通し。南相馬市は帰還困難区域の住民が転居したため、計画を策定しない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ