PR

ライフ ライフ

将棋界初の外国人女流棋士を企業がサポート ダジャレが結んだ縁

大塚製薬と「栄養スポンサー契約」を結んだ将棋のカロリーナ・ステチェンスカ女流1級(田中夕介撮影)
Messenger

 初の外国人女流棋士、カロリーナ・ステチェンスカ女流1級(26)が、製薬会社と「栄養スポンサー契約」を結んだ。将棋棋士が企業とスポンサー契約を結ぶのは極めて珍しいという。しかも、スポンサー企業は栄養調整食品「カロリーメイト」の大塚製薬(東京都千代田区)。同社が「名前に運命的なものを感じて協力を申し出た」と話せば、女流1級は「日本語的なダジャレですね」と笑う。

泣きながら正座の練習

 「カロリーメイトは『考える人を栄養バランスで支える』ブランドとして受験生やビジネスパーソンを応援してきた。史上初の外国人女流棋士として活躍されているカロリーナ・ステチェンスカ女流1級はその『考える人』の象徴」

 今回のスポンサー契約について、同社カロリーメイトプロダクトマーケティングマネジャーの仲尾綾さんは、そう説明する。

 「(カロリーナという名前に)“運命的”なものを感じ、この機会をいただいたのは皆さん、お気づきかと存じます」と笑って付け加える。

 具体的には、「ポーランドから単身で来日し、環境や食文化も違う日本で将棋の勉強をされてきた。カロリーメイトなどの製品提供とともに管理栄養士による食事指導を通じてサポートする」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ