産経ニュース

南米で訪日旅行売り込み 4千万人目指し市場開拓

ライフ ライフ

記事詳細

更新


南米で訪日旅行売り込み 4千万人目指し市場開拓

WTTC年次総会でスピーチ後、他の出席者と握手する日本旅行業協会の田川博己会長(左)=18日、ブエノスアイレス(共同) WTTC年次総会でスピーチ後、他の出席者と握手する日本旅行業協会の田川博己会長(左)=18日、ブエノスアイレス(共同)

 日本政府観光局などは18日、南米アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開かれている世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)年次総会の会場で記者会見し、訪日旅行を売り込んだ。政府は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に訪日外国人旅行者4千万人を目指しており、訪日が少ない南米でも開拓を進める戦略だ。

 瓦林康人・観光庁審議官は17年の訪日客が約2869万人と過去最高を更新したことを紹介し、「日本政府の一丸となった取り組みが成果を出している」との見解を示した。一般住宅に旅行者らを泊める「民泊」営業に関し、住宅宿泊事業法(民泊新法)の今年6月施行で「建設が活発なホテルの客室数増加、旅館との組み合わせで、訪日客の受け入れ態勢を一段と強化できる」と訴えた。

 同席した日本旅行業協会の田川博己会長(JTB会長)は、来年開催されるラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で「北海道から九州まで日本の12会場で試合をするので、多くの訪問者が日本の地方文化を知ってもらう大きな機会にしたい」と期待を込めた。(共同)

「ライフ」のランキング