PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】喜劇役者・大村崑(2)芸能界に憧れ「メガネのボーイ」に

Messenger

 〈昭和初期、神戸随一の繁華街だった新開地(現在の神戸市兵庫区)近くで生まれ育った〉

 父親は写真館、母は電気店を経営していて、そこそこ裕福な家庭でした。近くに劇場や芝居小屋があって、父親はそこへ出演する女優さんにごちそうするなど“盛んな人”でした。その口実として、自宅を出る際に僕を連れ出すんです。でも、芝居小屋の楽屋に僕を預けると、そのままどこかへ消えてしまう。一方、残った僕は劇団の人たちにかわいがられました。ときには白粉(おしろい)を塗られて舞台に上がりました。そういうので芸能界入りをたきつけられたんでしょうか。

 ところが、9歳のときでした。父が腸チフスで亡くなり、母ときょうだい4人の一家はバラバラになってしまうのです。僕は伯父宅に預けられました。伯母が厳しい人でね。それまでは学校の教室で落語や寸劇をやっていましたけど、転校後はやんちゃなグループに入り、ケンカに明け暮れていました。

 高校は神戸市立第一機械工業学校(現・市立科学技術高校)でしたが、ちょうど戦争で学徒動員もあって、通った記憶がありません。終戦を迎えても学校へ行かずに、進駐軍の倉庫へ忍び込んで塩を盗んだり、軍から入手したたばこを巻き直したりして売る“闇物資商売”を手がけました。そのころ、進駐軍に出入りしていた「山田勇」という男に出会いました。のちに「漫画トリオ」で人気者になった横山ノック(元・大阪府知事)です。でも、お互いにこのときのことは口に出せなかったですね。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ