PR

ライフ ライフ

バス業界の運転手不足…「女性は“切り札”」 「スイーツ」初会合で意見交換

Messenger

 ■新規参入で運転者増加だが

 日本バス協会が国土交通省のデータなどをまとめた「日本のバス事業」(平成28年版)によると、26年度の国内の「バス運転者数」(乗り合いバスと貸し切りバスの合計)は13万3320人で、集計を始めた昭和40年度の10万5492人に比べれば増えている。

 これは、平成12年の規制緩和で新規参入が相次いだ貸し切りバスの運転者が約3倍になったためで、乗り合いバスの運転者は昭和40年度より6ポイント減。

 一方、「満60歳以上」の高齢者が占める比率は17.3%(平成27年7月末日現在)。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ