産経ニュース

不健康な生活習慣が鬱病の発症リスクに 大規模ネット調査で関連判明

ライフ ライフ

記事詳細

更新


不健康な生活習慣が鬱病の発症リスクに 大規模ネット調査で関連判明

 国立精神・神経医療研究センターなどのチームが、鬱病になったことがある人とない人で、生活習慣や体の状態に違いがあるかをインターネット調査で検討したところ、鬱病経験者では「朝食を食べない」「間食や夜食が多い」「肥満または体重不足」「脂質異常症や糖尿病」などの頻度が多いことが分かった。

 鬱病経験者1千人(平均41歳)と、非経験者約1万1千人(平均45歳)を比較した。

 不健康な生活習慣が鬱病の発症リスクと関連することを示す研究は欧米で増えているが、日本での大規模研究は珍しいという。

 同センターの功刀浩部長は「生活習慣の見直しが鬱病の病状改善につながる可能性がある。それを調べる研究が必要だ」と話している。

「ライフ」のランキング