PR

ライフ ライフ

【谷山雄二朗のばかモン英語塾】(31) ヴェトナム人に学ぶ大きさ 映画「DOWNSIZING」

谷山雄二朗氏
Messenger

 新作映画「DOWNSIZING」を観た。主役マット・デイモン演じるポールは、作業療法士として、地元の町で働いている。幼馴染みの妻と暮らしているが、変化のない平凡な日々に将来の希望を見出せない毎日を送る。

 そんな中、ノルウエーの科学者たちが“DOWNSIZING”という人類史上前例なき、かつ画期的ともいえる新技術の開発に成功する。分かりやすく言うなら、ドラえもんのスーパー道具「スモールライト」を使って人間を手のひらに載るぐらい小さくできるテクノロジーと同じだ。

 要は体を小さくする事によって、消費する食料もエネルギーもお金も従来の100分の1程度で済ませる「地球に優しい人生設計を!」というコメディだ。

 これ以上書くとネタバレになるので、なぜこの技術がマット・デイモンと関係あるのかは、興味のある読者に実際に観ていただくとして、本稿で取り上げた最大の理由は、映画に出てくる1人のヴェトナム人女性(ここでは“フォー”と呼ぶ)にある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ