PR

ライフ ライフ

【Drone Times】AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

Messenger

 ドローンを活用した新しい検査システムにより、オペレーターとMROプロバイダーは検査時間を短縮して、航空機の早期リリースを可能にし、レポートの全体的な品質を向上させ、損傷のローカライゼーション、再現性とトレーサビリティを向上させる。従来の目視検査では、地面や航空機の上部の伸縮式プラットフォームを使用して、1日がかりで行われている。それに対して、新しい検査プロセスはドローンによる30分の画像キャプチャを含んでもわずか3時間で、オペレータの安全性も向上する。

 新システムは、EASA(European Aviation Safety Agency:欧州航空安全機関)が新しい検査プロセスを承認した後、2018年の第4四半期に業界で利用可能になる。MRO組織にも提供される。エアバスはメンテナンス活動のデジタル化と自動化を通じて、飛行機の増加に伴う航空会社のメンテナンスニーズの増加に対応していく計画。

非破壊検査を専門とするAirbusの子会社Testiaと協力して開発された検査システムも提供
非破壊検査を専門とするAirbusの子会社Testiaと協力して開発された検査システムも提供

Drone Times

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ