PR

ライフ ライフ

【Drone Times】AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

Messenger
MRO Americas 2018でのデモフライトの様子
MRO Americas 2018でのデモフライトの様子

 検査用ドローンは、オートパイロットによって定義された検査パスに従って、オンボードカメラで必要なすべてのイメージをキャプチャする。高品質の画像は、ソフトウェアシステムを使用して詳細な分析を行うためにPCのデータベースに転送される。オペレータは、航空機のデジタルモックアップと比較することにより、航空機の表面上の視覚的損傷の測定が可能になる。また、ソフトウェアによって検査レポートが自動的に生成される。ドローンは、メンテナンス用のハンガーの内部で使用するように設計されているため、障害を検出し必要に応じて検査を停止できるレーザーベースのセンサーを装備している。レーザーベースの障害物検知により、遠隔操縦を必要とせずに自動的に飛行できる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ