PR

ライフ ライフ

【Drone Times】AIRBUS(エアバス)が航空機の検査用ドローンを発表

Messenger

 4月10日から米国のフロリダ州オーランドで開催されているMRO AMERICASで、AIRBUS社(本社:フランス)は航空機の検査用ドローンを発表した。(田中亘

2018年後半の実用を目指して非破壊検査子会社と提携

機体は4本アームに8枚プロペラのマルチコプター
機体は4本アームに8枚プロペラのマルチコプター

 航空宇宙産業の展示会MRO Americas 2018で、エアバスは航空機のダウンタイムを大幅に短縮し検査レポートの品質を向上させるために、飛行機を格納しているハンガー内で使用する高度検査ドローンによる革新的なメンテナンスツールを実演した。エアバスの広範な航空機の知識と最高クラスのドローン技術を組み合わせた検査用ドローンは、一体型の視覚カメラを搭載し4本アームに8枚プロペラで飛行する。レーザーベースの障害物検知センサーを備え、フライトプランナー用ソフトウェアに、エアバスの航空機検査ソフトウェア分析ツールを用意する。エアバスのドローン航空機検査システムは、航空機胴体の上部を検査するために最適化され、非破壊検査を専門とするAirbusの子会社Testiaと協力して開発された。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ