PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】喜劇役者・大村崑(1)「西郷どん」は絣の着物で稽古

(志儀駒貴撮影)
Messenger

 〈昭和30年代のテレビコメディー「番頭はんと丁稚(でっち)どん」「とんま(頓馬)天狗(てんぐ)」や「オロナミンCドリンク」のコマーシャルで全国的な人気者になった。昨年秋には旭日小綬章を受章。最近もNHK大河ドラマ「西郷どん」や20年以上続くドラマ「赤い霊柩車(れいきゅうしゃ)シリーズ」で存在感を示している〉

 旭日小綬章。勲章なんて偉いサンがもらうものでしょ。喜劇役者がもらっていいのかなあと思いましたね。

 伝達式は東京・国立劇場でした。受章者は客席に座るんですが、僕は旭日小綬章の代表として他の代表と舞台に立ちました。席を立って、いろんな所に礼をして大臣から勲章と賞状を受け取り、また礼をして席へ戻るという一連の動作が結構大変で、リハーサルのときに他の代表はあまりうまくできなかった。そこで僕は担当者に言ったんです。「床に印を打ってあげたら」と。芝居や番組収録のように、この印へ来たら右へ曲がるとか。喜劇役者ですから、そういうのはお手の物。担当者も喜んでいました。

 そんな僕も、皇居で天皇陛下にお目にかかったときは、さすがに背筋が伸びました。でも、ここでも僕の喜劇人魂がむくっと起き出した。陛下がお出ましになって、僕たち受章者のほうをごらんになったときに一瞬目が合った。そこで、とっさに「ありがとうございます」と声を出さずに口を動かしたんです。すると、陛下は驚かれたのか、再び僕のほうをごらんになったんです。まさかですよ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ