PR

ライフ ライフ

【片桐実央の起業相談】補綴技術の研修サービス

Messenger

 Q 入れ歯や歯の詰め物など「補綴(ほてつ)物」に関わる新技術について、歯科医師や歯科技工士向けに研修し、技術の修了認定を行う会社を立ち上げる予定です。私が経営しますが、歯科技工士や弁理士にも創業メンバーに入ってもらいます。それぞれが均等に出資して株式会社を設立したいと考えています。

 A 歯科医師や歯科技工士を研修し、認定するのであれば、「一般社団法人」の設立もお勧めです。社団法人として会員組織を作り、研修料や認定料などの会費をもらいながら、運営するという方法です。

 現在は株式会社の設立をお考えなのですね。出資を参加メンバーがそれぞれ均等に行うということですが、株式会社では、出資比率に応じて権利が異なり、議決権を多く持つ人がより大きな権利を持つことになります。

 そのため、代表となる方は3分の2以上、あるいは2分の1以上の議決権を持っていた方が経営に対してコントロールができるので、出資比率については再考した方がいいでしょう。

 また、新技術ということなので、認知度を高める必要があります。ニュースリリースを配信し、メディアに取り上げてもらったり、ビジネスプランコンテストで受賞したりして、注目される方法もあります。業界誌に広告を掲載するのもよい方法です。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ