産経ニュース

【教育動向】世界大学ランキング日本版 国際化の進む大学は?

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
世界大学ランキング日本版 国際化の進む大学は?

世界大学ランキング日本版 国際化の進む大学は?

 新年度に入り、受験勉強を意識し始めたお子さんも少なくないことでしょう。18歳人口の減少や高大接続改革で、大学教育も急速に変わっています。

 これまでのような有名大学が、そのまま安泰とは限りません。国内外の社会が急速にグローバル化を進めるなか、「国際性」も大学選びの重要な観点になるかもしれません。何を参考にすればよいのでしょうか。

「教育力」に着目、「国際性」の評価を強化

 複数ある世界大学ランキングの中でも最も権威のある英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は、2017年からベネッセグループなどの協力で「THE世界大学ランキング日本版」を作成しています。

 THEでは世界ランキングの他、地域版(欧州・アジア・ラテンアメリカ)や「新興国」、「創立50年以内」など、さまざまなランキングを出しており、国別ランキングは米国に次いで二つ目です。しかも国別の特徴は、「教育力」に重点を置いているところです。

 大学には研究と教育という二つの機能がありますが、世界中の大学を同じ尺度で評価しようとすると、どうしても研究面が中心になります。学術に国境はなく、研究者同士の評判や論文の引用数など、客観的に比較する指標も比較的簡単に設定できるからです。

 それに対して教育は、文化的な違いもあって、なかなか客観的な比較ができません。しかし、世界中で学生や研究者が国境を越えて大学を求める動きがますます加速するなか、大学選びの情報が必要です。そこでTHEでは、まず国内で教育に関するデータがそろっている米国に着目。2番目の国として、日本に白羽の矢を立てたのです。

 年間延べ12億人が閲覧するTHEのランキングに名前が載るということは、世界中の留学生にとって大学選びの対象になるということを意味します。逆に言えば、ランキングに載らなければ対象にすらならず、国際的には存在しないも同じになってしまいます。

続きを読む

「ライフ」のランキング