PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】関東軍総司令部の非情な決断 皇帝溥儀は愕然とした

画=筑紫直弘
Messenger

関東軍最後の戦い(4)

 関東軍の奮戦は、虎頭要塞だけにとどまらない。

 昭和20年8月9日午前零時を期して満洲の東部、西部、北部の三方から一斉に攻め込んできた150万超のソ連軍により、国境付近を守備する中隊以下の小部隊や監視哨(しょう)の多くは同日中に撃破され、消息を絶った。

 だが一方、大隊以上の部隊は損害を受けつつも応戦し、中でも東部守備の第5軍は、比較にならぬほどの戦力をもつソ連軍の進撃を牡丹江(ぼたんこう・現中国黒竜江省牡丹江市)東側の陣地で15日夕まで食い止め、同地の在留邦人6万人が避難する時間をかせいでいる。

 のちに「関東軍最後の戦い」と呼ばれる奮戦を支えたのは、名もない日本兵の、決死の行動だった。

× × ×

 各部隊にとって最大の驚異はソ連軍のT-34戦車だ。これに立ち向かう日本兵の戦闘が、第5軍第126師団の作戦記録に記されている。

 東部国境を越えたソ連軍の主力が牡丹江に進撃するのを阻止するため、予想進路に各部隊を展開した第126師団は、12日午後にT-34戦車と遭遇、翌13日から本格戦闘に入った。

 ソ連軍は14日、T-34戦車30両と火砲50~60門の集中砲火で日本軍陣地を次々に突破。日本軍側は夜襲などで戦車十数両を破壊するなど応戦するが、15日も8時間連続の砲撃を受けて師団の砲兵部隊がほぼ壊滅し、正面を守る歩兵部隊も戦車に蹂躙(じゅうりん)された。

 「かくて敵戦車十五両は師団戦闘司令所直前に現出す」と、作戦記録は書く。万事休すだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ