産経ニュース

ふるさとの魅力気付いて 大洗舞台の小説執筆 矢御あやせさん 茨城

ライフ ライフ

記事詳細

更新


ふるさとの魅力気付いて 大洗舞台の小説執筆 矢御あやせさん 茨城

大洗を舞台にした小説を執筆した矢御あやせさん=水戸市南町 大洗を舞台にした小説を執筆した矢御あやせさん=水戸市南町

 取材のため、多いときは週に3回、大洗町の観光名所や商店街などを訪れ、地元の人々と交流した。「大洗の人は親切で協力的。取材するうちにどんどん大洗を好きになった」と振り返る。昨年9月に執筆を開始し、約半年かけて書き上げた。

 矢御さんの作家デビューは昨年4月。企業などで働きながらインターネット上の小説投稿サイトで連載していた作品が人気を集め、書籍として出版された。今回が2作目となる。

 もともとはテレビドラマなどの脚本家を目指していた。NHK連続テレビ小説「花子とアン」などを手がけた人気脚本家の中園ミホさんに憧れ、大学生時代は専門のスクールにも通った。縁あって小説でデビューしたが、「いつかは脚本も」と夢見る。

 すでに続編も考えている。「作家としてはまだまだ駆け出し。もっと勉強して、読んで前向きな気持ちになれる話を書きたい」と意気込んでいる。

(上村茉由、写真も)

「ライフ」のランキング