PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】平昌パラアイスホッケー代表・上原大祐(2)遠かった世界、ゼロから再起を

上原大祐さん (佐藤徳昭撮影)
Messenger

 〈3月、韓国で開かれた平昌パラリンピック。アイスホッケー日本代表の成績は5戦全敗、スコアも大敗が続いた。選手の平均年齢が40歳を超え「オジサン軍団」ともてはやすメディアもあったが、実際には若手が育たず、競技人口も増えない“寒い”事情があった。8年前のバンクーバー大会で銀メダルに輝いた日本代表の栄光は見る影もなかった〉

 この結果が今のわれわれの実力です。残念ながら世界との差は広がってしまいましたね。日本のスタイルは「守りに守ってワンチャンスを生かす」。たとえば初戦の韓国戦では、相手の反則で日本が2人多い数的優位に立ったときに、得点をしなければならなかった。得点できていれば相手が慌てて勝てた可能性が高い(1-4で敗戦)。8年前のバンクーバー大会の準決勝で、強豪のカナダを破ったときなどはそうした戦い方ができていたんです。

 (金メダルの)米国では10代の選手が活躍しているのに、日本は一番若い選手が29歳、僕(36歳)なんか下も下ですよ。若手の加入による下からの押し上げがないんです。日本には(パラアイスホッケーのクラブチームが)4チームしかありませんが、米国には約90チームもあり、普及と強化の両方に成功しています。普及に努めることが結果として強化につながるのですが、日本はそのイメージができなかった。最大の敗因ですね。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ