PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】平昌パラアイスホッケー代表・上原大祐(1)障害はマイナスではなく「武器」

平昌パラリンピックの会場で=韓国・江陵(共同)
Messenger

 〈イマドキの若者はよくこう言われる。挑戦しない、感情に乏しい、インターネットばかりでコミュニケーション能力が育っていない。そんなイメージを持っている人も、この人を見ていると、考えがガラリと変わる。底抜けに明るくて超プラス思考、やりたいこと満載。車いすで、英語もしゃべれないのに米国へ武者修行に行っちゃうのだ〉

 障害があるからできない、と思うと思考停止でしょう。僕はあきらめない。挑戦しないままできないことなんて、この世の中に一つもないと思っていますから。方程式は「無理×アイデア=可能!」、つまり難しいことのように見えても、アイデアや工夫をすればできることはいっぱいあるんですよ。

 そうやって(障害のある)子供たちに、たくさんの「できた」を届けたい。あきらめない気持ちや、チャレンジ精神、夢を持つことにつながります。

 〈3月の平昌パラリンピックでは、日本代表チームの中でもひときわ小さい身体(145センチ、53キロ)で、大男ぞろいの外国人選手にぶつかってゆく姿が印象的だった。背番号32は「ミニ」のもじり。持ち味は、スピードとキープ力。米国で名をはせ、世界のトップ10選手に選ばれたことも〉

 競技を始めたころは(激しいぶつかり合いで)毎試合、脳振盪(しんとう)ですよ。恐怖心もありました。デカいのが、ガンガン来るんですから。でもそこで、ひるんじゃうと逆にやられてしまう。どうかわすか、どう倒すか、どのように当たれば大丈夫なのか、を懸命に考える。僕は「体2割、頭8割」でやってましたから。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ