PR

ライフ ライフ

千葉の宝はなに? 「文化遺産」県民投票開始 211件、森田健作知事「どれも魅力的」

Messenger

 千葉の魅力をいい表す文化的な資産といえば? 県は、本県の後世に伝えたい名所や景観、伝統行事といった「次世代に残したいと思う『ちば文化資産』」選定に向けた県民投票の受け付けを始めた。2020年の東京五輪・パラリンピックが2年余りと迫り、国内外から多くの観客らの来県が予想され、そうした人たちに投票結果に基づく名所をPRするのが狙い。ホームページや観光地での情報発信強化につなげる。

 投票は6月18日まで。県は昨年10~12月、今回の「ちば文化資産」の候補をインターネットなどを使って公募。公募で集まった459件から、有識者らによる選考委員会で絞り込み、211件が県民投票の対象となった。

 投票をきっかけに、県民に“千葉の強み”を再認識してもらい、訪れてほしい場所として磨きをかけることも狙いの一つ。また、投票の過程で「地元愛」をくすぐりたい意図もありそうだ。今回の県民投票で候補を半分程度に絞り込み、今夏には結果を公表するという。

 ちば文化資産の候補は伝統的なものに限らず、「ちば文化の魅力を特徴づけるモノやコト」を条件にしており、最近流行したモノも含まれている。

 211件は県のホームページで公表。名所や旧跡では、観光地の成田山新勝寺・門前町(成田市)、国の特別史跡となった加曽利貝塚(千葉市)やラムサール条約登録湿地の谷津干潟(習志野市)などが入った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ