PR

ライフ ライフ

日本も抗菌薬規制を強化 耐性菌対策、畜産分野でも

Messenger

 抗生物質(抗菌薬)が効かない薬剤耐性菌に対する危機感が世界で強まり「抗菌薬の使い過ぎを防ごう」との意識が医療現場に広がってきた。だが抗菌薬は人の治療以外の用途もあり、対策の効果を上げるには医療の外での取り組みも重要とされる。そうした中、世界保健機関(WHO)は、人の治療に重要な抗菌薬を食用家畜に使うことを大幅に抑制するよう各国に求める見解を発表した。日本でも対策が進む。

 ◆成長促進目的で

 抗菌薬は人の病気の治療のほか、畜産・水産業や農業でも使用される。量が多いのは家畜用。病気の治療以外にも、成長促進目的で飼料に混ぜて家畜に与えられる。

 動物に使われる抗菌薬の中には、人の薬と同じか、よく似た薬もある。そうした薬を使い続けて家畜の体内に耐性菌ができると、排泄(はいせつ)物の環境への放出や食品などを通じて人にも広がり、人を治療する際に抗菌薬が効きにくくなるなど、悪影響が出る可能性があることが分かってきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ