PR

ライフ ライフ

【Drone Times】第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(1) 工夫を凝らした3チームが挑戦

Messenger

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:萩原紀男、以下:CSAJ)は、ドローンのソフトウェア技術の向上を目的に、第1回ドローンプログラミングコンテストを神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で3月31日、開催した。

産業用ドローン市場の将来を見据えたプログラミングコンテスト

 コンピュータソフトウェア製品に関係する企業が集まったCSAJは、今後の産業用ドローン市場の成長に向けて、制御系アプリケーションの開発が重要だと捉えている。そして、自動航行や精密な制御に計測、そして情報システムとの連携を実現するためには、ドローンのソフトウェア・プログラム開発者の育成が、重要だと考えて今回のコンテストを開催した。コンテストは、約1年前にCSAJのウェブサイトで発表され、参加者を募集してきた。その結果、書類による事前の一次審査を通過した3つのグループが、コンテスト会場に集合した。3つのチーム名は、アンピドローンに株式会社理経、そして慶應義塾大学武田研究室テクノプロデザイン社。3チームは、優勝賞金10万円と、約200万円相当のVRプログラミング開発キット一式の副賞をかけて、2段階の審査に臨んだ。

参加3チームは、第1回目コンテスト優勝の栄誉をかけてコンテストに臨んだ。写真はコンテストの結果発表をする春原久徳審査委員長=3月31日、神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)
参加3チームは、第1回目コンテスト優勝の栄誉をかけてコンテストに臨んだ。写真はコンテストの結果発表をする春原久徳審査委員長=3月31日、神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ