PR

ライフ ライフ

第89期棋聖戦決勝トーナメント ベスト8に7人名乗り 前期挑戦者・斎藤七段は敗退

初の決勝トーナメント進出で、佐藤天彦名人を破った阿部光瑠六段=3月27日、東京・千駄ケ谷の将棋会館
Messenger

 将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=への挑戦権を争う第89期ヒューリック杯棋聖戦決勝トーナメント(本戦)は順調に進み、ここまでベスト8に7人が名乗りを上げた。残り1枠を懸けて、久保利明王将(42)と豊島将之八段(27)が3日に激突。前期挑戦者の斎藤慎太郎七段(24)が1回戦で姿を消すなど今期も熱戦が展開されている。(田中夕介)

                  

 ベスト8に駒を進めたのは、三浦弘行九段(44)▽戸辺誠七段(31)▽稲葉陽(あきら)八段(29)▽佐藤康光九段(48)▽広瀬章人八段(31)▽阿部光瑠(こうる)六段(23)▽鈴木大介九段(43)-の7人。

 開幕カードは三浦九段-斎藤七段戦。元棋聖と前期挑戦者という好カードは三浦九段が制した。渡辺明棋王(33)-戸辺七段戦は戸辺七段が勝利。三浦九段と戸辺七段は準々決勝で激突する。

 三浦九段は「棋聖戦はその時に調子の良い棋士が挑戦者になっている。調子を上げて臨みたい」。第83期でもベスト8まで進んだ戸辺七段は「本戦では終盤まで気を引き締めていこうと決めていた。次も気を引き締めて戦いたい」と意気込みを語った。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ