PR

ライフ ライフ

玄海3号機きょうから点検 蒸気漏れの原因特定へ

Messenger

 九州電力は31日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の2次系配管で蒸気漏れが確認されたことを受け、1日に点検を始めると発表した。漏洩(ろうえい)箇所や原因を調べ、必要な対策を検討する。点検にかかる期間は未定。

 九電は3月30日夜、発電に必要な蒸気をつくる2次系設備の一部、空気抜き管で蒸気漏れを確認。31日に発電と送電を停止した。

 点検作業は、配管の温度が下がるなど環境が整い次第、始める。原子炉は停止させず、核分裂反応が安定的に持続する「臨界」状態を保つ方針だ。

 九電は、再稼働作業中に機器の故障や警報があった場合、発生箇所やプラントへの影響に応じた5段階の対応を想定。今回は、影響度が最も高く原子炉停止が必要な「レベル4」に次ぐ「レベル3」に当たるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ