PR

ライフ ライフ

共通テスト英語の検定費用支援 文科省、低所得世帯対象

Messenger

 林芳正文部科学相は27日の閣議後記者会見で、平成32年度に始まる「大学入学共通テスト」で導入される英語民間検定試験について、低所得世帯を対象に検定料を支援する考えを示した。どの程度支援するかは今後検討する。

 政府が昨年12月に閣議決定した政策パッケージでは、年収250万円未満が目安の住民税非課税世帯を中心に給付型奨学金を拡充し、大学などの受験料も含むとしている。林氏は「入試で検定試験の受験が条件付けられれば、検定料も受験料の一環だ」と述べた。

 大学入試センターは共通テストの対象としてTOEICなど計23の民間検定試験を認定。林氏は「4月以降、高校側の要望事項を調査し、実施会場や値下げなどの配慮を実施団体に求めていく」とも話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ