PR

ライフ ライフ

公務員ランナーがマラソン記録でギネス認定 埼玉県職員の川内優輝

ギネス世界記録公式認定証の贈呈を受けたマラソンの川内優輝選手(右)=25日午後、埼玉県久喜市(大楽和範撮影)
Messenger

 「公務員ランナー」として知られる男子マラソンの川内優輝選手(31)=埼玉県庁=による「マラソン2時間20分以内における最多完走数」(78回)がギネス世界記録に認定され、地元の埼玉県久喜市で25日、公式認定証の贈呈式が開催された。川内選手は「まだ通過点。2020年までに100回を目指したい」と記録更新を誓った。

 この日、同市で行われた「第3回よろこびのまち久喜マラソン」に、ゲストランナーとして登場。その後のイベントで、ギネスワールドレコーズジャパン公式認定員から認定証を贈られた。

 自分の好きなペースでマラソン大会に出ることを信条とする川内選手は、毎年10回ほど出場し記録を積み重ねた。今年元旦に米国のマラソンで世界記録を超える76回を達成し、更新を続けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ