PR

ライフ ライフ

【書評】『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ著 さじ加減絶妙の家族小説

『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ著
Messenger

 不思議な手触りの小説だ。いい人ばかり出てくるのに、嫌みな感じがしない。こんなのありえないと思う設定も、ほのぼのした文章にまるめこまれて、「こういうこともあるか」と妙に納得させられてしまう。

 主人公は森宮優子という17歳の女子高生。父親が3人、母親が2人いる。家族の形態がわずか17年の間に、7回変わったのだ。それも親戚を頼って転々としたのではなく、血のつながりのない人が親になり暮らしている。

 まず、読者はどうしてそういう事情になったのか、知りたくてページをめくっていくだろう。しかし、ストレートにその答えは語られない。合唱コンクールや友だちとのけんかなど優子の高校生活の合間に、過去を思いだすシーンがまざりあう。それによって、少しずつ、優子の事情がわかるのだが、この手法が成功している。

 最初、実の母親との別れは死別だったこと、実の父親との別れは小学5年生の時で、ブラジル在住になった父についていかなかったこと、自分で選んで、父の再婚相手の梨花さんと暮らし始めたことなどだ。

 親になった人たちは、どの人も常識にとらわれず、優子の親になれたことを好意的に受け入れる。そして、優子とつかずはなれずの距離で接する。甘えすぎない、本当の家族でない距離。そのさじ加減が絶妙だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ