PR

ライフ ライフ

都心、3番目に早く桜満開 春の陽光、花見にぎわう

目黒川沿いで見頃を迎えた桜=24日午後、東京都目黒区
Messenger

 春の陽光に包まれ、東京都心で24日、桜が満開になった。約800本の桜で知られる上野公園(台東区)や、桜並木で有名な目黒川(目黒区など)沿いは花見を楽しむ人でにぎわった。気象庁によると、24日の満開は観測史上3番目に早く、平年より10日、昨年より9日早かった。

 この日は奈良市と高松市でも開花。高知市は19日に満開になった。日本気象協会によると、桜前線は今後も北上し、北陸、長野、東北南部は4月上旬、東北北部や北海道は4月下旬~5月中旬に満開を迎える見通し。

 シートを敷き、宴会を楽しむ人が詰めかけた上野公園。満開のニュースを見て慌てて訪れた相模原市の会社員、日野達夫さん(47)は「例年以上に開花が早くてびっくり。春の訪れを実感する」と笑顔。着物姿の会社員、島田麻美さん(34)は「都内の他の場所では五分咲きくらいだったのに、意外と咲いていた。来て良かった」と話した。

 目黒川では、カップルや家族連れがカメラやスマートフォンを手に撮影していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ