PR

ライフ ライフ

【暮らし替えの道しるべ】(6)「家の顔」を整えるコツ

Messenger

 新年度が始まると新しいお付き合いも増え、人を家に招くことも多くなります。玄関先で対応することもあるでしょう。玄関は「家の顔」と言われるくらいですから、常に整えておきたい重要な場所です。

 でも、住んでいる人にとって意外に気が付かないのが「臭い」。靴、排水溝、カビ、生ごみの臭いなどが混じり合っていることが多いようです。臭いの元を絶つにはお掃除が効果絶大。そして掃除が済んだら、香りをプラスしてください。女性は花の香りを好むことが多いですが、男性には苦手な方もいます。一般的に好まれるのはかんきつ系の香りです。ドアを開けたときに、レモンやグレープフルーツの爽やかな香りが鼻を抜けると、家や部屋全体を好印象にしてくれます。

 もうひとつ重要なのは、玄関の飾り棚。花や子供の作品などを飾っていても、いつの間にか新聞、チラシ、カギや帽子…と、物が増えてしまいます。

 センス良く見せるには、フォーカルポイント(視点が集中する場所)を作ること。まずは置いてある物すべてを別の場所に移し、飾りたいと思う物を3~5つくらい、棚に戻します。そのうちの一つを、例えば、今の時期なら桜色や若草色など春色の小物にしてフォーカルポイントを作ります。玄関に入るとすぐに目に入ってくるので、家全体の印象が良く見えるようになります。フォーカルポイントはどの部屋でも作ることができます。心地良い暮らしのためのちょっとしたアイデアです。(日本ホームステージング協会代表理事・杉之原冨士子)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ