PR

ライフ ライフ

ゴルフに記憶力改善効果 国立長寿医療研究センターなど研究班が公表

ゴルフを楽しむアマチュアゴルファーとキャディー=埼玉県所沢市の西武園ゴルフ場(大井田裕撮影)
Messenger

 ゴルフが高齢者の記憶力を改善させる効果があるとの研究結果を23日、国立長寿医療研究センター(愛知県)などの研究班が公表した。同センターの島田裕之部長は「体を動かすことに加え、スコアを計算したり他の人と交流したりすることで認知機能が改善された可能性がある」と分析している。

 研究では、ゴルフをほとんどしたことがない、またはほとんどしない65歳以上の男女(平均年齢70.1歳)53人に平成28年10月から半年間、週1度のゴルフ教室に参加してもらい、教室に参加する前後の認知機能検査の点数を比較した。その結果、単語を覚える単語記憶検査で6.8%、文章の流れを記憶する論理的記憶検査で11.2%の向上がみられた。

 一方、ゴルフはせず健康に関する講座を2回受けた65歳以上の男女53人では、半年間の記憶機能に変化はなかった。研究結果は近く論文発表される。

 島田氏は「現段階において認知症の予防効果を持つかどうかは不明で、追跡調査が必要だ」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ