PR

ライフ ライフ

【囲碁】大盤解説会で対局盛り上げ 埼玉県戸田市

Messenger

 埼玉県戸田市上戸田の戸田市文化会館で22日行われた産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第56期十段戦五番勝負」の第2局は、先勝している井山裕太十段(28)=七冠=が村川大介八段(27)を下し、3連覇に王手をかけた。囲碁のタイトル戦を初めて開催した同市は、対局を解説する「大盤解説会」を開いて勝負を盛り上げた。

 対局は午前9時半、同会館の5階和室で開始。大盤解説会は午後1時半から、同市主催「戸田市囲碁フェスタ2018」の一部として開催された。解説は王銘●(=王へんに腕のつくり)九段、漫画「ヒカルの碁」を監修した吉原由香里六段が聞き手を務めた。事前予約制だったが、開始の1時間以上前から入場の列ができるほど人気を集め、120人が入った会場は熱気を帯びた。

 東京都から対局を見に来た会社員、山田貴大さん(31)は「強い井山さんに村川さんがどう挑んでいくか楽しみ」。週1回プロに指導を受けているという埼玉県越谷市の中瀬実さん(68)は「井山さんの『攻めの碁』をじっくり見てみたい」と話した。

 日本棋院埼玉県支部連合会の貴堂資彦会長(83)は「埼玉では多くの子供たちが囲碁に親しんでいて、全国優勝する生徒もいる。若い人が多い戸田での開催が、囲碁ファンを増やすきっかけにつながれば」と期待。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ