PR

ライフ ライフ

【囲碁】十段戦第2局 井山裕太3連覇へあと1勝

Messenger

 村川は下辺で白114と最強に応じ、白122までフリカワった時点では、難解な戦いになった。左辺の黒地のまとまり具合が勝負の分け目に。

 秒読みのなか、両者に細かいミスが出るが、井山が下辺黒211にまわり、白のコウダテが足りなくなった時点で、黒の勝ちが確定した。

 「死活、下辺の決め方など、井山十段の読みが上まわった」と王九段はまとめた。

 昨秋の名人戦から続く井山のタイトル戦連勝記録は「16」にのびた。

 井山十段の話 「左下がどれくらいまとまるか不明で、形勢判断できていなかった。最後の最後で、勝ちにつながりそうと思った」 村川八段の話 「上辺を先手でおさまられるのをうっかりしていた。きょうの碁を反省して、次にいかしたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ