PR

ライフ ライフ

【第89期棋聖戦予選トーナメント】船江恒平六段が決勝トーナメント進出

船江恒平六段(木下未希撮影)
Messenger

 10連覇を達成した将棋の羽生善治棋聖(47)=竜王=の挑戦者を決める第89期棋聖戦2次予選トーナメントは21日、大阪・関西将棋会館で、ブロック別決勝の山崎隆之八段(37)-船江恒平六段(30)戦が行われ、船江六段が勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。船江六段は決勝トーナメント1回戦で佐藤康光九段(48)と対戦する。

 船江六段は兵庫県加古川市出身。井上慶太九段門下。平成10年、6級で奨励会入会。22年、四段プロデビュー。28年、六段昇段。棋戦優勝は2回。今年度の成績は19勝13敗(0.594)で、通算成績は188勝105敗(0.642)。

 山崎八段は広島市出身。森信雄七段門下。平成4年、6級で奨励会入会。10年、四段プロデビュー。25年、八段昇段。タイトル戦登場は1回。棋戦優勝は8回。今年度の成績は27勝15敗(0.643)で、通算成績は578勝311敗(0.650)。

 両者の対戦成績は1勝1敗で、棋聖戦では初の対戦となる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ