PR

ライフ ライフ

【教育動向】子どもの8割が「スマホは勉強に有効」と回答

Messenger

 もうすぐ新入学シーズンがやってきます。この時期に子どもにスマートフォン(スマホ)を待たせる保護者も多いでしょう。一方、スマホの利用が、勉強の妨げになると不安を感じる保護者も少なくないのではないでしょうか。

 これに対して、子どもの8割以上がスマホは「勉強に有効だ」と考えていることが、NTTどこモの調査でわかりました。人工知能(AI)などが拡大・普及する時代を生きる現代の子どもたちの感覚は、大人世代とは微妙に異なっているようです。

加速する勉強のスピード感

 調査は12~18歳の子ども1,204人にスマホと勉強の関係などを聞きました。

それによると「スマホは勉強に有効だと思う」と回答した子どもは81.2%で、8割以上の子どもたちがスマホは勉強するうえで役立つと回答しています。

 勉強する時のスマホの活用方法(複数回答)は、「わからないことをネットで調べる」が80.2%でトップ。次いで「わからないことを(スマホで)友達や知人に聞く」が45.3%、「辞書アプリを活用する」が36.7%、「勉強用アプリを使用する」が29.0%、「わからないことをネット上で不特定多数の人に聞く」が15.9%となっています。以前なら、勉強していてわからないことがあれば、辞書や教科書などで調べるのが普通でしたが、今はわからないことがあれば、スマホですぐに調べるのが当り前の時代になったようです。

 また、友達などにわからないことを聞く際も、かつては相手の家に電話したり、翌日学校に行ってから聞いたりするのが普通でした。ところが、現在ではわからないことがあれば、すぐにスマホで相手に連絡して確認するなど、「スピード感ある勉強をしている様子」がうかがえるとNTTドコモでは説明しています。スマホは勉強に対する子どもたちのスピード感を大きく変えつつあるようです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ