PR

ライフ ライフ

「ベジファースト」が奏功? 子供の肥満が改善傾向 足立区

「ベジファースト」で子供の肥満が改善?
Messenger

 東京都足立区は、今年度の区立小学校1年生のうち肥満傾向にある児童の割合は男女ともに4・5パーセントで、男子は27年度比0・2ポイント、女子は同0・9ポイント、それぞれ改善傾向にあると明らかにした。小1を対象にした健康・生活実態調査で判明した。理由として、共同で調査した東京医科歯科大は「足立区では子供に、食事で野菜を最初に食べる『ベジファースト』を推進していることが一因ではないか」としている。

 調査は区立小1年全5160人を対象に行い、4208人から有効回答が得られた(有効回答率81・6%)。

 同区では肥満対策の一環として、区立保育園で食事をとる際、野菜から食べる習慣を推進している。

 調査によると、「野菜から食べる」と答えた児童は15・8パーセントで、27年度の11・5パーセントより4・3ポイント改善した。「野菜から食べる」と回答した児童のうち、肥満傾向は3・7パーセントで、「それ以外から食べる」と答えた4・8パーセントより1・1ポイント低かった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ