PR

ライフ ライフ

長野・須坂市動物園の代表にミニウサギの「パンジー」初当選 選挙で11種の動物を破る

初当選に喜ぶ?ミニウサギのパンジー=20日、長野県須坂市臥竜の市動物園(三宅真太郎撮影)
Messenger

 任期満了に伴う長野県須坂市動物園(同市臥竜)の平成30年度の「代表動物選挙」は17、18の両日に投票が行われ、ミニウサギの「パンジー」(雌、3歳)が11種の動物を破って初当選した。有権者数(入園者)に占める投票者の割合(投票率)は、46・92%だった。20日に同園で当選証書の授与式が行われた。

 動物選挙は平成23年に開始。パンジーは平成27年に続く2度目の出馬だった。得票数は475票(得票率18・21%)で、2位のアカカンガルーの「イッチ」に143票差をつけた。

 授与式では、山岸一延園長から担当飼育員の中沢槙子さんに当選証書が手渡され、集まった来園者にパンジーが紹介された。中沢さんによると、パンジーはおとなしい性格で、人間になでられるのが好きだという。選挙では、来園者になでてもらう「なでなで会」を開催して、支持を増やした。

 パンジーは、来年度の入園券や年間パスポートの表紙を飾るなどして、園の「顔」として活躍する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ