PR

ライフ ライフ

【囲碁・国際棋戦】井山裕太七冠が決勝へ 前年覇者の朴廷桓九段と19日対局

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」準決勝で山下敬吾九段(右)を破って決勝に進出した井山裕太七冠=18日、東京都千代田区(伊藤洋一撮影)
Messenger

 囲碁の国際棋戦「ワールド碁チャンピオンシップ」の準決勝が18日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、井山裕太七冠(28)が山下敬吾九段(39)に黒番中押し勝ち、韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(25)は中国の柯潔(かけつ)九段(20)に白番中押し勝ちし、それぞれ19日の決勝に進出した。

 井山七冠は2013(平成25)年のテレビアジア囲碁選手権以来の国際棋戦制覇を目指し、大会連覇を狙う朴九段と戦う。

井山裕太七冠の話

 「ずっと難解な碁で、明らかに負けにした場面もあった。結果的には運がよかった。朴九段は世界でもトップクラスで、一番打ちたい相手の1人。大きな大会で戦えるのは幸せなこと」

山下敬吾九段の話

 「勝つチャンスがあったかもしれないが、ものにできず残念」

朴廷桓九段の話

 「相手は絶好調でなかったかもしれないが、自分の碁を打つことに集中していた。(井山七冠は)日本の強豪。碁を学ぶことに最善を尽くす」

柯潔九段の話

 「ずっと自分のほうがよかったが、とんでもないミスをしてしまい碁を終わらせてしまった。残念」

▼井山十段の3連覇がかかる囲碁タイトル戦を間近で観戦できます。

【第3局・大町】プランはこちら

 囲碁十段戦を主催している産経新聞社では、囲碁の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。

 是非、ご回答ください。⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ