PR

ライフ ライフ

「スーパーあずさ」E351系がラストラン ファンら集まる JR甲府駅

この日で定期運行を終えるE351系「スーパーあずさ」の姿を撮影する鉄道ファン=16日、JR甲府駅(昌林龍一撮影)
Messenger

 JR中央線の特急「スーパーあずさ」として親しまれてきた「E351系」が16日、定期運行を終えた。沿線や駅には鉄道ファンが集まり、最後の雄姿を撮影するなど引退を惜しんだ。

 JR東日本によると、E351系は平成5年にデビューした。最高速度は130キロ。カーブ区間で車両を傾けて高速走行できる「制限付き自然振り子装置」を備えた。ベージュに紫色のラインの車体デザインも「気品がある」と利用者に人気だった。

 しかし、老朽化に伴い、同社は昨年12月、後継車両として新型車両「E353系」を導入。17日のダイヤ改正を機に、「スーパーあずさ」の全列車を新型車両に置き換える。

 E351系の運行が最後となった16日午後、JR甲府駅の下りホームでは、約10人のファンらや親子連れが、1時28分着の松本行き「スーパーあずさ15号」を待ち構えていた。

 到着すると、車内からも20人ほどの乗客が降りてきて、1分ほどの停車時間に卵形の先頭部を名残惜しそうに撮影していた。

 静岡県藤枝市から来たというアルバイト店員、村越裕樹さん(17)は「長野県の知り合いに会いに行くため乗って親しんでいた。カーブでの車両の傾きが独特で印象的だった」と思いを語った。

 静岡市清水区の高校3年生、曦(あさひ)達久さん(18)も「自然に恵まれた山梨や長野を走る車両らしいなんともいえない薄紫のカラーが好きだった。いつも人気で、窓側の席に座ることがないままま終わった」と名残を惜しんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ