PR

ライフ ライフ

【囲碁・国際棋戦】井山裕太七冠が世界一へ挑戦、「ワールド碁チャンピオンシップ」17日開幕

「ワールド碁チャンピオンシップ2018」に出場する、左から井山裕太七冠、台湾の王元均八段、山下敬吾九段、韓国の申眞●(=ごんべんに婿のつくり)八段、中国の柯潔九段、韓国の朴延恒九段=16日、東京都千代田区(伊藤洋一撮影)
Messenger

 日本、中国、韓国、台湾のトップ棋士6人による囲碁の国際棋戦「ワールド碁チャンピオンシップ2018」が17日から19日まで、東京都千代田区の日本棋院で行われる。持ち時間各3時間。16日には東京都内のホテルで組み合わせ抽選会が行われた。昨年優勝した韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(25)と日本の国内七大タイトルを保持する井山裕太七冠(28)=九段=がシードされ、準決勝に登場する。

 1回戦(17日)の組み合わせは次の通り。

 ▼山下敬吾九段(39)-王元均八段(22、台湾)

 ▼柯潔九段(20、中国)-申眞●八段(17、韓国)衡

 組み合わせが決まったあとの会見で、世界一の実力があるとされる柯潔(かけつ)九段は「シードがあるとは知らなかった。公平かどうかわからないが、全力を尽くして頑張りたい」と対局前から軽くジャブを放った。

 これに対し、昨年の大会で中国、韓国の棋士と人工知能搭載ソフト「Deep Zen Go」に敗れた井山七冠は「シードされたことは複雑」と殊勝に応じたが「しっかり準備してきたので、自分のベストを尽くしたい」と語った。

 また、国内予選を勝ち抜いた山下九段は「ぼくが1回戦を勝てば、(準決勝の相手は井山七冠なので)少なくとも日本勢が決勝に進める。日本同士の戦いが(準決勝で)できるよう、頑張る」と力を込めた。

●=ごんべんに婿のつくり

▼井山十段の3連覇がかかる囲碁タイトル戦を間近で観戦できます。

【第3局・大町】プランはこちら

 囲碁十段戦を主催している産経新聞社では、囲碁の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。

 是非、ご回答ください。⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ