PR

ライフ ライフ

前川喜平氏授業で文科省、市教委に報告要請 中学校で講師

前川喜平・前文部科学事務次官(飯田英男撮影)
Messenger

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市の公立中に講師として招かれた際の授業内容や録音について、同省が市教育委員会に報告を要請していたことが15日、分かった。国が個別の授業に絡み、講師の言動に関わる内容を細かく調べるのは異例とみられる。

 文科省は取材に対し、報告の要請は地元紙で報道された内容や授業の狙いを確認するためだったと説明。担当者は「プレッシャーを与えたという意識はない。問題はなかった」としている。

 文科省によると、2月中旬に前川氏がこの中学の校長に招かれ、総合学習の一環で講演したとの趣旨の記事が地元紙に掲載された。

 文科省は今月1日、市教委に対し、前川氏が同省の組織的天下り斡旋(あっせん)問題で辞任したことや出会い系バーを利用していたことを指摘した上で、授業の内容や前川氏を講師として招いた経緯などについてメールで尋ねた。その際、授業内容の録音データがあれば提供するよう要請した。

 市教委は、録音データは提出せず、授業内容や講師依頼の概略をまとめて報告したという。文科省の担当者は「授業の狙いや、それにふさわしい講師かを確認した」と話している。

 地方教育行政法は、文科省が教育委員会に対し、指定する事項の調査を行うよう指示できるとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ