PR

ライフ ライフ

両陛下、高輪皇族邸を2度目のご視察 屋内運動場の新設は中止に

下見のため、高輪皇族邸に入られる天皇、皇后両陛下=15日午後、東京都港区(飯田英男撮影)
Messenger

 天皇、皇后両陛下は15日、来年4月30日の天皇陛下の譲位後に仮住まいする高輪皇族邸(東京都港区、旧高松宮邸)を視察された。宮内庁は当初、両陛下の屋内運動場と陛下の研究室を兼ねたプレハブを敷地内に新設する計画だったが、両陛下が改修費を必要最小限に抑えることを望まれたため、この日の視察を受けて計画中止を決めた。

 高輪皇族邸のご視察は1月以来2度目。宮内庁関係者によると、両陛下は午後3時50分ごろから約45分間滞在し、改修計画の図面を見ながら改めて部屋の用途などを確認された。出入りの際には、沿道に集まった近隣住民らに車の窓を開けて笑顔で手を振られた。

 高輪皇族邸は平成30年度中に改修され、両陛下が東宮御所に引っ越すまでの間、最長で1年半過ごされる。プレハブの新設取りやめで、改修費は数千万円節減される見込み。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ