産経ニュース

【話の肖像画】元バレーボール選手・川合俊一(4) 先を見据えた戦略練る参謀

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
元バレーボール選手・川合俊一(4) 先を見据えた戦略練る参謀

ゼネラルマネージャーを務めるトヨタ自動車ビーチバレーボール部を指導 ゼネラルマネージャーを務めるトヨタ自動車ビーチバレーボール部を指導

 〈バレーボール日本代表としてロサンゼルス五輪、ソウル五輪と2度の五輪に出場。バレーブームの立役者は平成2年、27歳で引退する〉

 腰や膝を痛めていました。当時のスポーツ界はけがをしても無理するのが普通。今ならけがすれば休みますし、ケアという概念もありますけどね。

 所属していた富士フイルムを退社し、長めの骨休めをしようと、米ロサンゼルスに渡りました。そこの海岸でビーチバレーボールに出合ったのです。バレーで疲れて行ったはずなのに、あまりに楽しくて朝6時に起きて通っていました。

 〈「こんなに楽しいスポーツがあるのか」とのめり込んだビーチバレーだったが、日本での普及は容易ではなかった〉

 まずコートがない。神奈川県平塚市の海岸に常設コートを作ってもらおうと、市に頼みに行ったら、「誰もやっていない」と断られました。ポールとネットを運んできてはコートを作り、終わったら撤去する方法は許可されたので設置してみました。

 海岸にいた高校生たちが「川合さんだ、何やってるの」と声をかけてきたので、「ビーチバレーをやらないか」と彼らを誘いました。彼らが楽しんでいる様子や、彼らの要望で開いた大会の写真を市に報告していたら、「常設コートの2面設置OK」になりました。

 そうしたら地元の人が練習するようになって、市もトイレやシャワー、着替え場所もある16面の常設コートを作ってくれた。訴えてから5年、平塚市には大感謝です。もともとビーチバレーの大会をやっていた鵠沼海岸(神奈川県藤沢市)も常設コートを作ってくれました。

続きを読む

「ライフ」のランキング