PR

ライフ ライフ

【東日本大震災7年】宮城で千葉大生が咲かせた花 「園芸部のスキルいかし復興支援」

地域住民とともに「雄勝ローズファクトリーガーデン」の移転の作業を行う千葉大の学生ら=宮城県石巻市雄勝町(秋田典子准教授提供)
Messenger

 2月半ばの週末。まだ寒さが残り、時折雪の舞う宮城県石巻市雄勝町の「雄勝ローズファクトリーガーデン」の移転に伴う作業に汗を流す約25人の学生らの姿があった。千葉大大学院園芸学研究科准教授の秋田典子さんと同大園芸学部に所属する学生たちだ。秋田さんは「スキルをいかした復興支援と、被災地で現場をみて、できることを考えてもらうため」と、7年目を迎えた活動の狙いを話す。

 秋田さんは宮城県以外でも同様の活動を学生とともに行ってきた。そうした中、「(東京電力福島第1原発事故の影響が残る福島県以外の)被災者の方の気持ちが前向きになったのは最近。ようやく本当の復興のスタートラインにたった」と感じている。

 被災直後、多くの被災者は生活の再建などに必死で、3年ほど経つとその反動で今度は震災について話すことが負担という印象を受けた。今はそうしたさまざまな感情を乗り越え、学生らと地域住民が一緒に将来をつなぐ活動ができるようになったとみている。

 震災後に太平洋沿岸部の住民は高台移転を余儀なくされ、更地になった浸水エリアの活用が決まっていない場所も少なくない。そこで作ってきたのが「コミュニティガーデン」だ。

 「花と緑があるので行く理由ができ、作業で一体感が生まれる」と話す。津波でがれきに埋もれ、海水に浸った土地は元のようには使えない。更地ばかりのそうした“茶色の風景”を生まれ変わらせてきた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ