PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】高みをめざしたチャレンジ 『脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦』渡辺正峰著

『脳の意識 機械の意識 脳神経科学の挑戦』
Messenger

 「正直、本書を書き始めた当初は、こんなにイケイケな本にするつもりはなかった」-。あとがきで著者はこう述べている。本書は意識の科学に関する解説書としても成り立つ内容だ。しかし、気鋭の脳神経科学者はそこから議論をさらに展開し、ヒトの意識を機械へ移植するというビジョンまでも示そうとした。

 そもそも意識をめぐる問題は、これまで多くの科学者や哲学者を虜(とりこ)にしてきた。なぜ物質と電気的・科学的反応の集合体である脳に意識が宿るのか? 近代哲学の鼻祖デカルトを筆頭に錚々(そうそう)たる人々が議論し、今も科学のフロンティアであり続けている。

 また、このテーマはフィクションの世界でも関心は高い。それは本書に『マトリックス』や『AKIRA』『ブレードランナー』といった映画への言及があることからもうかがえよう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ