PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】地銀ネットワーク活用し地方中小企業に人材紹介

Messenger

 地方銀行と人材サービス会社が協力し、地方の中小企業に新卒などの人材を紹介する取り組みが始まっている。人材不足で経営難に陥る企業もあるなど深刻な状況を改善するため、銀行が持つ取引先とのネットワークを活用して経営支援につなげる狙いだ。

 福井銀行グループと提携した新卒採用サイト運営の「アイプラグ」(大阪市)は1月、福井県敦賀市で地元企業向けのセミナーを開いた。銀行から誘いを受けた取引先の担当者11人が参加。同市のカニ販売業「伝食」の増田学専務は「地元に大学が少なく高卒の人材を取り合っている現状を崩し、県外出身者を採用する糸口になれば」とサイトの導入を決めた。

 アイプラグのサイトは、学生が掲載する自己PRを企業側が見て気に入れば連絡を取る仕組み。福井銀行で人事を担当する勝木昭宏さんは「かつて(自行の採用活動で)東京の合同説明会に出展したが誰も来ない日があった」と振り返り、「同じ悩みを持つ取引先にサイトを紹介し、人手不足の解決に貢献したい」。

 採用コンサルタントの谷出正直さんは「地方で信頼のある地銀が音頭を取ることで、地域が一丸となりやすく活性化につながるだろう」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ