産経ニュース

中学生ネット利用2時間半 内閣府の青少年実態調査

ライフ ライフ

記事詳細

更新


中学生ネット利用2時間半 内閣府の青少年実態調査

 内閣府は27日、青少年のインターネット利用環境に関する平成29年度の実態調査結果を発表した。平日1日当たりの平均利用時間は、中学生で28年度より10分増えて約2時間29分。小学生は4分延びて約1時間37分となり、高校生も7分増加の約3時間34分だった。全体では5分増の約2時間39分だった。

 スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機などの利用時間を合計した。2時間以上利用する割合は小学生33・4%、中学生56・7%。高校生では74・2%に達した。

 スマホでネットを利用している人の割合は56・4%で28年度より3・0ポイント増加した。複数回答でスマホの使い方を尋ねたところ、無料通信アプリLINE(ライン)などによる「コミュニケーション」が最多の83・9%。動画視聴(78・8%)、ゲーム(72・1%)が続いた。

「ライフ」のランキング