産経ニュース

皇太子さま58歳 ご会見全文

ライフ ライフ

記事詳細

更新


皇太子さま58歳 ご会見全文

記者会見される皇太子さま=21日午後、東京・元赤坂の東宮御所(代表撮影) 記者会見される皇太子さま=21日午後、東京・元赤坂の東宮御所(代表撮影)

 東日本大震災の関係では、昨年11月に雅子と共に訪れた宮城県で、復興の状況を見ることができました。その折に、地域の皆様の協力と、行政を含む関係者の努力により、復興が着実に進んでいることを実感し、復興に向けて歩んでこられた多くの方々の努力に敬意の念を抱きました。同時に、復興への道のりは、まだ半ばと思われ、依然として応急仮設住宅にお住まいの方を始め、不自由な生活を余儀なくされている方々のお話を伺うにつけ、心が痛みます。また、子どもたちを含め被災者の心のサポートの問題が残っていることを深く案じております。引き続き、雅子と共に、被災者の方々が一日も早く安心して暮らすことのできるよう、お一人一人の幸せと御健康を祈りながら、被災地の復興に永く心を寄せていきたいと思います。

 明るい話としては、最近、十代から二十代前半の若い人たちが、様々な分野で活躍していることをうれしく思います。中学生として初めて六段に昇段した藤井聡太棋士や陸上100メートル走で日本人初の9秒台を出した桐生祥秀選手、卓球で日本一となった張本智和選手や伊藤美誠選手など、若い人たちが世界の舞台でも素晴らしい成績を収めており、とても心強く思っています。あわせて、現在行われている平昌オリンピックでの日本選手の活躍も素晴らしいと思います。厳しい練習を重ね、多くの困難を乗り越え、オリンピックという世界の舞台で技を競い合う選手の皆さんの姿には大きな感動を覚えますし、フィギュアスケート男子とスピードスケート女子500メートルで共に金メダルを取った羽生結弦選手や小平奈緒選手が、旧知の海外の選手と健闘をたたえ合っている姿にも、国境を越えた深い友情と、世界のプレーヤーの一員としての日本選手の存在を感じ、頼もしさを感じます。2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、スポーツを通じた国際親善が更に深まることと、日本の人々が国際交流を身近なこととして感じることができるような大会となることを願っております。

続きを読む

このニュースの写真

  • 皇太子さま58歳 ご会見全文
  • 皇太子さま58歳 ご会見全文
  • 皇太子さま58歳 ご会見全文

「ライフ」のランキング